N式ブログ
不定期更新のブログです。(をぃ FF11やCSS最近はFMOを中心としたゲームや日ごろの行いを書けたらと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
最近のパソコンって・・・
そろそろCPUがほしい。
X800XT使っているので、ほとんどのゲームが現役で最高品質で動くLVです。

ただ、今はATHLON64の3200+で一年半くらいまでは最高クラスのCPUでしたが、今現在のcpuのなかでは低価格帯のハイエンドCPUとなりました。
それでも、昔と違いソフトウェアが要求するスペックよりもハードウェアの進化がすごいので、10万円以下のパソコンでも画質を落とせば最新のゲームがあそべるようになりましたが、ちょっと私は物足りません。

話それましたが、X800XTを使い切るにはCPUパワーがたりてません。
ペンティアム4で何を使ってもこのビデオカード使いきれるCPUは存在しないので、というかAGP仕様なので使えるものがまったくないので、最新のCPUとAGP環境が使えるので今回もアスロン64確定です。

マザーボードはすでに手に入っていて,ECSのKV2LITEです。
六層基盤のKV2EXの簡易版で定格で動かすには非常に優秀なチップセットで以前FX-55とX800XTPEで動かした経験もあるので、問題ありません。

で、あとはCPUなのです。

最も安くパフォーマンスアップを狙うなら64の3500+が3万円をきっており、かなりお買い得なのですが個人的にはもっと上のクラスにいけないかを考えていたりします。
FX-55もしくは4000+です。
4000+はその昔にあったFX-53と同じ仕様でアスロン64無印のシリーズでは最高クラスのCPUで価格はだいたい4万円といったところ。
2.4GHZキャッシュ1MB だいたいP4の4ghz相当の性能をだすことができます。

ほしいなぁ・・・・

明日友達とあうので、衝動買するかも
スポンサーサイト
竜猫にゃん。その二
今日はニュースです。

忙しいのに二日連続で書けるなんてある意味奇跡です。
そんな更新すら難しいブログを見てくださる方には感謝です。
さて、今回のネタはずばり竜騎士の強化です。

竜騎士とは両手武器槍の使い手で物理攻撃アタッカーです。魔法などは竜のアビリティとしては、存在しません。
ここまでは、戦士は侍でも出来る内容ですが竜騎士は子竜というペットを従えて、ダメージを取るというのが役割です。

この子竜はアビリティで召喚するわけですが、一度召喚すると2時間は使えません。
今まで弱点といわれたのがその部分で、子竜はLV75(最高レベル)でも980しかなく、また回復魔法でも回復することはできません。
回復手段は竜騎士がHPを子竜にわたすスピリットリンクがありますが、これは一度使うとしばらくつかえません。
子竜がダメージをくらって死んでしまっては最長2時間よぶこともできず、
竜が100とれば子竜は30とるので火力30%近くダウンしてしまいます。

そこで、今回は子竜を呼ぶアビリティコールワイバーンを2時間から20分への仕様変更をするとのことです。

これにより、子竜が戦死しても割と短時間で再召喚できるようになります。
今までと比べると格段に早くなりました

これにより、竜はさらに人気がでるかもしれません。
NMでよばれないのはいつものことだけどw
竜猫にゃん。
仕事忙しすぎて、書いている暇すらありません。
無理して時間つくって、書きこ残す。
だから、更新されない価値のないたまの書き込みも本人にとっては良い思い出にはなるんじゃ無いでしょうか。

最近ふとそうおもうと、時間無理に作って書き込む今の私だったりします。
こんなブログでも見ていただける方もいらっしゃるので、
この場を通して一言いわせてくださいい^^
見てくれてありがとうー^

さてさて、今回は私のメインジョブ竜騎士のお話。
FF11で猫で竜騎士で竜実装当初からプレイしている最古参のグループに入る竜騎士なのです。
当時はもっとも弱いアタッカーだったわけですが、今ではかなり強化された・・・強さを求めるひとにとってはそれでも最弱との意見多数だったりします。

竜とはどんな物理攻撃アタッカーなのかというと、
キャラクター+子竜による物理攻撃になります。
サポートジョブやアーティファクトによって、子竜の行動パターンがかわったりするのですが、基本は普通に殴ってくれるだけです。

大体どのくらいダメージをとれるかというと、本人が100ダメージとれるならば、大体20~30くらい取れます。
この攻撃力分の効果がアップする装備を買うと、何百万ギルとかかるので、なかなか優秀なのです。
私の場合、本気で竜が好きなので装備も計り知れない金額をかけているので、本人の強化+子竜の火力で与ダメージは絶大です。

竜騎士本人は槍を装備して、唯一の直接攻撃アビリティのジャンプ・ハイジャンプを持っているジョブです。
FF11の戦闘システムとして、一度攻撃があたると武器の攻撃間隔に応じてTPという、必殺技ポイントがあり、竜騎士の場合間隔492で12、47で11.5たまります。
大体10回くらい攻撃すると100以上溜まりウェポンスキルという必殺技を繰り出せるわけですが、ここに物理攻撃アビリティのジャンプ・ハイジャンプを利用することで任意にTPを稼ぐことができます。
これによって、ジャンプハイジャンプが両方命中したと仮定してだいたい23~24稼げるので、次のWSなんかも短時間でためることが可能です。

攻撃ルーチンとしては、

敵の釣り役が敵を釣ってキャンプまで引っ張ってくる。

盾ジョブが挑発をして敵の注意を引く

ここからアタッカーの攻撃開始・・・竜騎士等

*ジャンプやハイジャンプを使わずに、通常攻撃のみでTPを100以上ためる

アタッカー2名等がTPが溜まり次第ウェポンスキルによる連携開始
TPを利用してウェポンスキルを放つ。

TPを放つとTPは当然0になるので、
このタイミングでジャンプ・ハイジャンプを利用してTPを稼ぐ

*の行を抜かして繰り返し

基本はこうなっとります。
連携を終わらせた直後にジャンプハイジャンプをすることによってTPを先行して稼ぐ形をとり、TPが100以上たまるまでの時間を短縮して、連携効率を強化して、パーティ全体の火力を上げていくことが可能です

大体竜騎士は連携にたいするダメージ上乗せアビリティがまったくないので、最初に竜騎士がウェポンスキル→もう一人のアタッカーが連携の締めくくりになるので、ウェポンスキルによる連携がおわるまでの間にジャンプ・ハイジャンプ・通常攻撃分で、だいたい50近く稼ぐことが可能です。

続きはまたこんど
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。