N式ブログ
不定期更新のブログです。(をぃ FF11やCSS最近はFMOを中心としたゲームや日ごろの行いを書けたらと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
GT500GTR
この前日産のショールームへ行ったら、いつもとは違うGT500マシンを発見!
写真とってきました。
GTR01_320.jpg
やっぱり本物のレースカー、大きいと思う反面、低い。
GTR02_320.jpg
ローアングルから正面。蛇に睨まれた気分。
GTR03_320.jpg
エグイボンネットのダクト。
GTR04_320.jpg
これぞ本家丸目のテールランプ。
GTR06_320.jpg
ワイドなボディ
GTR08_320.jpg
ローアングルのリア部分、意外とシンプル。


スポンサーサイト
W54SA 買ってみた! その弐。
使ってみると、結構操作感や扱えるファイルが違ったりすることに気づく。
携帯の中で何かアプリを起動した後にウィンドウズで言うところのタスクバーを呼び出して画面を2分割にしてマルチタスク処理が可能です。あんまり使わないかな?と思ったけどTU-KAからワンセグケータイのW33SAからW54Tへ。そんでもって、初代ソニーのウォークマンケータイからW54SAに。
その54SAになって、ワイヤレスになって使い勝手の向上のほかに音楽ファイルにMP3が扱える!
CD傷だらけでお蔵入りになっている10年前のHIDEのベストアルバムのMP3とかLismoPORTから直接フォルダに移して再生できたり。
これは非常に便利。
手持ちのMP3何でも入るっぽい。

今までの最強携帯な気がします。
山吹色で壁紙の山吹色でこの辺もなんか新しい。
AU W54SA 買ってみた!
携帯電話ほとんど使わないのに、仕事するための連絡用でもってます。
なんでだか、二個も。
メインの携帯電話W54T(東芝製)と今日かってきたW54SA(三洋製)。
用途は以下のとおり。

・たまに通話(毎月5000円くらい使えるくらい貯めてます)
・メール
・ブルートゥースを使ってワイヤレスで音楽を聴いたり通話したり。

型番がお互いににてるのか、出来ることは一緒。
それでも後発のW54SAは曲の送りとかレスポンスが優れています。
何よりも、ブルートゥースヘッドセットでリスモプレイヤーの起動・再生・停止・曲送り・戻し・電源を切ることでプレイヤーを終了が可能。
大嫌いなケーブルが無いことが特徴で、IPODより利便性に優れるのが特徴。
ここまでの使い勝手を実現できるのは、今使っているヘッドセットの効果が絶大なのがあるかも。
とりあえず、コレ。
DR-BT21G
あらかじめ、ワイヤレス機器のお約束のお互いをつなげる為の設定であるペアリングを行っておいて携帯電話のブルートゥース待ちうけ状態にしていて、ヘッドセットのスイッチを入れると数秒で接続が完了し、タイミングよくヘッドセットのジョグスイッチを押し込むと音楽プレイヤーが起動、音楽がきけるようになります。
感覚としては身に着けたウォークマンのスイッチをリモコンで入れる感じ。
本体に触らないでスイッチを入れられるというのが最大の特徴でしょうか。
そのあとの曲送り等のレスポンスは54SAはよくなっているので、現状ブルートゥースでリスモが聞けない機種や、IPOD等でケーブルをなくしてもっと簡略化を図りたい人にはお勧め。
既に54Tを持っている人はもう少しまってもいいかも。
多少レスポンス良くなるだけなので。
手書き入力がついているのが今回の54Tとの最大の違いです。

ブルートゥースヘッドホンについては、何処にでもあるソニー製のヘッドホン。
学生のときにMD聞くのに使っていたヘッドホンの形もコレだったし、使わないときは首にかけておけばいいのも良いところ。
今までのブルートゥースヘッドセットは安っぽさやパソコンの付属品的なデザインで電池の持ちもよくなかったので、なかなか手がでないのと、3000円程度で手に入るやつはリスモの再生がおそらくセキュリティ機能が働いて音が出ない。実際某P○i社の製品は通話ができて音楽流せなかった。
なので、10000円したけどこのヘッドホンに落ち着く。
54Tで感じていた違和感的なレスポンスの遅さが解決できたのでしばらくメインで使いそうです。

とりあえず、私がお勧めするのはワイヤレスで音楽聴いて通話しよう。なのだ。
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。